スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

スラスト

部活が東関東(インターハイの一個手前)に出場できることになりました。
トランスフォームする日々
今日はれっどあらあとさんからの頂き物その2、新展開TFのトランスフォーマージェネレーションズより
「スラスト」です。
スラストはディセプティコンの航空兵。所謂一般兵士で、特に重要な役職ではありません。
性格は大人しめと言うかヘタレと言うか。
ゴールデンラグーンを発見した時の
「やったぜスラスト、これでお前はデストロンのナンバー2の座は間違いなしだ!」
って辺りからスラストの性格が分かるかと。その後はユニクロン戦争で死亡しています。

その後、マイクロン伝説にて同じく垂直離着陸戦闘機に変形する「軍師スラスト」が登場、
中々に冷酷な性格ですが、メガトロンを裏切り、ユニクロンの変形に巻き込まれて死ぬ
無様なキャラとなりました。どちらのスラストもユニクロンが原因で死亡している共通点がありますね。

玩具はまずボットコン2007でラムジェットのリデコとして限定発売、その後
クラシックス日本展開「変形!ヘンケイ!トランスフォーマー!」の限定版商品枠、
「限定!ゲンテイ!トランスフォーマー!」の商品として願望百貨店限定として発売されました。
どちらも限定枠扱いだっただけに今回の発売には
手軽に手に入れられると。いう声と2回とも限定で出して高額で取引されているのに今更市販か。
等賛否両論でした。玩具は同時発売のラインナップがWFCオプティマス、バンブルビー、
アメコミキャラのドリフトと全て新規造形の中で唯一リカラーだったのと、前述したとおり
本当に欲しいファンは高額でも購入しているため海外商品輸入ショップでも投げ売られているようです。


トランスフォームする日々
垂直離着陸式戦闘機にトランスフォーム!

トランスフォームする日々トランスフォームする日々

傑作と名高いスタースクリームのリデコだけあって大変完成度の高いビークルモードです。
ジェネレーションズ、国内販売、ボットコンはそれぞれ色合いが異なるのですが
個人的には今回の玩具=G1玩具カラーで国内販売=アニメカラーなんじゃないかなと。
ボットコンもややG1玩具寄りの気がします。

トランスフォームする日々
裏返すと・・・機首は見なかった事にしましょう。ファンは後部についています。
G1だと主翼についていたのですが・・・

トランスフォームする日々
コクピットは銀鍍金+黄色のコクピットで金色に見えます。細かいモールドが多いので
まるで模型のようです。MPスタスクが出るまでG1スタースクリーム玩具と言えば
ロボットマスターズのアレでしたね。その後MPで斬新なカラーになってしまったり
デザインもG1からかけ離れたりと散々でした。このクラシックス型は標準的な
デラックスサイズで一番アニメに近いプロポーション&オリジナル要素のメカモールド追加を
同時にやりとげた辺りさすがです。M伝、SL,GFと積み上げてきた技術の結晶ですね。

トランスフォームする日々
後ろから見てもぬかりなし。バーニアもきっちり再現されています。
アニメイテッド、初代のジェットロンはこうやってロボットモードでもバーニアが生きるようになっている
設計のがあるんですよね。だから飛ぶのにも説得力があるんです。

トランスフォームする日々
スラスト、トランスフォーム!

トランスフォームする日々
スラスト、ロボットモード

トランスフォームする日々トランスフォームする日々
人間型として標準的な体形ですね。足元のファンがスラストである事のアイコンになっています。
足は揃えると棒立ちになってしまうのでロボットモードの時は若干開き気味にすると良いようです。
主翼は説明書では指示されていないものの、実際は肩と干渉しないように
若干調節する必要がありそうです。

トランスフォームする日々
武装は肩のミサイルランチャー。スプリングで発射できます。
ジェットロンズに装備されているこの武装、実際に装備してみると使いやすいのでしょうか・・・?

トランスフォームする日々
可動は上半身が各部90度ずつ、足は膝が90度可動して股間はボールジョイントで可動。
膝下ロールがあります。

トランスフォームする日々
手と腕の穴は同じ5ミリ穴なのでこのように装備させる事も可。イメージが広がります。

トランスフォームする日々
さらにラムジェットからの装備を借りてきて三連装。こういう付け替え遊びはタカラトミーの
得意技ですね。
トランスフォームする日々
5ミリ穴であればどんどん武装の範囲は広がります。

さて、ここからは少しお遊び。

トランスフォームする日々
主翼にも5ミリ穴が空いているのでこのようにG1基準で装備させる事も出来ます。
当時のファンの人にとってはこちらの方が親しみやすいのでは?

トランスフォームする日々
ビークルモードもG1基準で装備できます。
こちらの方がファンが見えやすくて垂直離着陸式である事が分かりやすいですね。

トランスフォームする日々
そして俺変形。元々ラムジェット、そしてスタースクリームの型なのでこのように
主翼をヒンジを使ってぐるっと回転させられます。さらに武装も背中につけっぱなし。
ビークルから一切差し替え無しで変形させられるのでブンドドしたい時はこの変形方法だったり。

トランスフォームする日々
一般的なデラックスサイズですね。翼の分だけ少しだけ横に広がっています。


ジェネレーションズの第一弾商品として発売されたスラスト、唯一のリカラーゆえか人気は
やや低いですが逆に値段が高騰していたジェットロンズに触れる良い機会かもしれません。
ロボット、ビークルともに完成度の高い完成形になっています。
何より一般兵士、それも悪の一般兵士が商品化される事もそうそうないので
是非手に取ってみてください。次弾ではダージの発売も決定しているそうですし、揃えて
並べるのも良いかもしれません。
スポンサーサイト
13 : 47 : 58 | TF:ジェネレーションズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ラグナッツ | ホーム | ゴング>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://roadrover.blog102.fc2.com/tb.php/94-d00dc87c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

最新記事

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

RoadRover

Author:RoadRover
ローゼンメイデンとドールが大好きです。

カテゴリ

Webためいき (18)
HGUC (7)
HGUC(UC/CCA) (0)
作品1/144 (4)
作品HG (7)
TF:G1 (1)
TF:バイナルテック・オルタニティ (2)
TF:実写版 (3)
TF:リベンジ (13)
TF:HFTD (1)
TF:カーロボット (1)
TF:その他 (2)
TF:BWⅡ (2)
TF:ユニクロントリロジー (1)
TF:アニメイテッド (22)
TF:ジェネレーションズ (4)
TF:限定 (1)
ローゼンメイデン (1)
食玩 (5)
figma系 (2)
仮面ライダー剣 (1)
仮面ライダー電王 (5)
仮面ライダーW (1)
轟轟戦隊ボウケンジャー (1)
旅行記 (4)
その他 (6)
ガンダム以外のプラモ (3)
ガンプラその他 (4)
figma (1)
ドール(周辺器具) (1)

最新コメント

カウンター

ブログ妖精ココロ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。