スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

極魂ブレイド

2010/07/19 Mon 21:09

夏休みまであと少し。コンクールもあと少し
トランスフォームする日々
今日はS.I.C極魂より、「仮面ライダー剣」です。
低価格帯商品ながら凝った造形と充実した可動で話題を呼んだ極魂シリーズの第二弾。

仮面ライダー剣のライダーは皆トランプのスートモチーフで、剣は「スペード」のライダーです。
番組中盤でジャックを得てジャックフォームに。さらにクイーンとキングを得て最強の「キングフォーム」に。

今回のモノは一番最初の基本フォームです。

トランスフォームする日々
全体的にスタイルは良好で、作りこみもしっかりしています。

上半身アップ
トランスフォームする日々
一番の変更点は腹部のスペードの意匠ですね~細かいモールドが追加されています。

トランスフォームする日々
こちらもモールドが追加されており、中世の騎士甲冑のようです。
トランスフォームする日々
足周りも可動するようには見えない程の出来です。
アンクレットにトランプカードの意匠が見られます。

可動に関して
トランスフォームする日々
足は180度近く曲がるほか、足首は前後左右、そして回転軸もあるため、接地性は良好です。
トランスフォームする日々
上半身は各所が90度ずつ可動。肩部分は若干肩アーマーが干渉します。
トランスフォームする日々
このサイズでよく仕込んだなと思うのが腰の回転軸。胸と腰の中間のため自然な動きがつけられます。


トランスフォームする日々
仮面ライダー剣は龍騎と同じくカードを使って戦う仮面ライダーで、
劇中でも印象的な使用方法だったほか、なりきり玩具にはバーコード読み取り機能。そして
各商品にバーコード付きカードを付属させ、様々な商品の展開をしました。
トランスフォームする日々
しかし、放映中に登場するアンデッドは52体(ジョーカーは別扱いだった)のため、多くの商品は
「仮面ライダー剣」など劇中には登場しないカードが付属しました。これらのカードはなりきりにスキャンしても
「カメンライダー」「変身」など一定パターンのサウンドしか発動せず、あまり遊べる物ではありませんでした。

トランスフォームする日々
ストーリーはやや暗く、複雑な人間関係、人間と怪物の距離など様々なものがテーマに
選ばれました。
トランスフォームする日々
番組で一番話題になったのは、俳優のセリフの滑舌の悪さによる「オンドゥル語」でしょう。
剣には若手俳優や、「仮面ライダー剣」がデビュー作の俳優も多数おり、それ故に滑舌の悪い
キャストがいました。そして「オンドゥルルラギッタンディスカ」等空耳が大量に起き、ファンの中で「オンドゥル語」
として呼ばれるようになりました。長らくファンの間でのみ言われていた「オンドゥル語」という呼び名ですが
剣崎役を演じた俳優自身がインタビューにて自ら「オンドゥル語」と言うほど知名度は高いようです。

トランスフォームする日々
手首を交換する事により、付属のブレイラウザーを構えられます。

トランスフォームする日々
確か劇中ではこんな風に逆手持ちしていた気が。

トランスフォームする日々
さらに差し替えでトレイオープンの状態に出来ます。本家だと差し替え無しでしたがさすがにそこまで
再現するのは不可能かなと。
トランスフォームする日々
ラウザーグサリの写真を撮っておけばよかったと後悔。
トランスフォームする日々
アクティベーターと比べてもご覧のとおりかなり小さいです。
トランスフォームする日々
こんなに小さいのに良く動くんです。

つーわけで極魂ブレイドでした。小さいのに良く動く!そして動きすぎないので簡単に様々なポーズが
付けられます。大きさ的にはミクロマンとかその辺でしょうか。トランスフォーマーのデラックスサイズの
バイクとかにのっけると縮尺が合いそうですね。付属のブレイラウザーもしっかり構える事が出来、
劇中のアクションを再現できます。一般の店頭で手に入れるのは難しいと思われますが、
最近だとモモタロスが発売されているので、そちらを手に取ってみるのはいかがでしょうか。
スポンサーサイト
仮面ライダー剣 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。