スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

HG RGE-C350 シャルドール改

2012/06/06 Wed 00:00

3日おきくらいに更新するのが一番気楽な気がする。
今日のオモチャ(プラモ)は放送中のガンダムAGEより
NEC_0022.jpg
「シャルドール改」
です。改って日本語文字が入るのは久しぶり?
なんだかかえって斬新です。
NEC_0020.jpg
前後から。価格は1260円、昨今の量産機としては程々のお値段です。
デザインは実にシンプル。肩のジョイント以外は
特徴も無く、バックパックも驚くほど簡素にまとまっています。
ですがのっぺりしている訳ではなく立体的なデザインで非常に俺好み。
因みにGエグゼスからの流用以外に微妙に変更されている箇所もあります。
NEC_0024.jpg
付属品はドッズガン、
シールド、ビームサーベル、握り拳。
HGのガンプラとしてはかなり充実しています。
特に平手と握り拳と言う展開アイテムについてきそうな
ハイデティールパーツが標準で付属するのは結構驚き。
近いうちにデティールアップパーツが公式で出るらしいので
そこも力を入れているんでしょうか?
ドッズガンはガンダムAGE-1付属のドッズライフルと
同じパーツを使用しますが「AGE WEPON」と言う
新規ランナーに収まっています。
ビームサーベルは00から採用された平べったい方式。
NEC_0025.jpg
頭部はジムか、ネモのような非常に簡素なデザイン。
無印シャルドールがツインアイのような形をしていたのに
対して、こちらは凸型の如何にもジムのようなフェイスで
最近のものとしては珍しいです。
通信用アンテナが1本あるのがチャームポイント。
NEC_0026_20120605000217.jpg
NEC_0027_20120605000216.jpg
肩部と脚部には拡張性を感じさせるハードポイントがあります。
本編では活用されませんでしたがキットかMSVで何かしらの
展開があるのでしょうか・・・?
Gバウンサーのライフルの謎のジョイントと言い
拡張性は高そうです。
NEC_0028.jpg
NEC_0030_20120605002240.jpg
背部のビームサーベル保持ユニットは回転方式になっており
左腕でも右腕でも取り出せる親切設計。
ビームサーベルを起こすためのヒンジがPVCかみ合わせなので
スレがちょっと怖いですが、
円盤状の回転部分はポリキャップを使ってあるので
保持力も申し分なく、また
取り外すことにより
何らかの別武装を取り付ける事も出来そうです。
NEC_0031_20120605002240.jpg
NEC_0032_20120605002239.jpg
全身の可動範囲はこんなもの。
概ねPC-001採用系列と同じくグリグリ動きますが
金型の影響なのか少々胴体が外れやすいと言うマイナスポイントが。
肩が独特なデザインのため横への可動が少し制限されている他
足首が股間の開き具合についていけません。
NEC_0033_20120605002238.jpg
頑張って開脚してこの辺りが限界。
NEC_0034_20120605002237.jpg
ビームサーベルグリップは1本だけですが、
刀身はランナーの都合上もう1本ついてきますから
何となくお得な感じ。
グリップはエクシアより短いAGE-1より更に短く
スタイリッシュです。
NEC_0035_20120605002237.jpg
シールドは手首と手で保持するタイプですがこちらも
手首のジョイントがゆるく、撮影中は
良く落ちてしまいました。
NEC_0036.jpg
ドッズガンは手甲を外して取り付ける方式。
この手甲も外れやすくヒヤヒヤします。
ちょっとダサいデザインが量産機と言う設定と
良くあっています。
NEC_0037_20120605002856.jpg
前述したとおりガンダムAGE-1のドッズライフルと
共通の構造なので、このような後部だけの
状態にも出来ます、劇中では使用されていませんでしたが
ビームピストルモードのような初期案があったんでしょうか?
NEC_0038_20120605002855.jpg
平手があると遊べますね。
劇中ではモブに徹し、あまり活躍らしい活躍は
ありませんでしたが、Gエグゼスの系列機である事を
強く感じさせ、直線主体のデザインは動かしていて楽しいです。
また、膝アーマーがMGのような分割可動になっているのは
驚きでした。
NEC_0039_20120605002855.jpg
NEC_0040_20120605002854.jpg
NEC_0041_20120605002853.jpg
NEC_0042_20120605003544.jpg
何かこう、主役可変機と同時代に活躍したとか色々
似ているな…と思う二人。

NEC_0043_20120605003541.jpg
大きさは標準的な18mサイズMSと同じくらい。
ほっそりしたデザインなのでそれより
少しこぶりに見えます。

デザインと名前を見た時から気に入っており、
キット化を待っていたMSでした。
フタを開けてみるときちんとビームサーベルが揃っていたり、
握り拳や平手等オプションが充実していたのは
とても嬉しかったです。
コトブキヤM.S.Gとの相性の良さも嬉しく、
GエグゼスのHGも欲しくなる出来でした。

番外編
NEC_0044.jpg
NEC_0045_20120605003543.jpg
NEC_0046_20120605003542.jpg
※この写真の武装はキットには付属していません。
デザインがシンプルで、しかも作品HGの
穴あき手なので様々な武器を持たせて遊びたくなります。
(写真はコトブキヤM.S.Gのハンドガンを使用しています)
こんな風に遊んでみるのも楽しいです。
スポンサーサイト
作品HG | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。