スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
すっかり月イチ更新が定着しました。
・・・はい。
さて、気を取り直して今日はドロシー・・・の前に新作ガンプラのパチ紹介です。
NEC_0233.jpg
10/9放送開始、「機動戦士ガンダムAGE」の主人公機。
「ガンダムAGE-1ノーマル」の紹介です。
放送開始前に記事を書けたよ!
AGE-1はフリット・アスノが開発したモビル・スーツ。
アスノ家に代々伝わる「AGEデバイス」をキーデバイスとして作動する
「進化するモビルスーツ」でその名のとおり戦いの中で姿を変えていく
画期的なガンダムです。 今回は放送前に販売開始になったHGキットを
記事にしようと思います。
ランナーは全部で5枚。関節、多色成型、外装の3つにポリキャップ
(00で採用された新型「PC-001」使用)とビームサーベル・ダガーの
クリアランナーが付属しており、最初から一通りそろった状態で遊べます。

NEC_0201.jpg
デザインは海老川兼武氏。エクシアなどのデザインを担当した方で
AGEにもどことなくカクカクとした印象を受けます。
因みに海老川氏はこの他に量産型であるジェノアスのデザインも手がけております。
設定画通りの見事な再現度です。
NEC_0215.jpg
本体の色分けはほぼ完璧で、
各センサー部分、膝のブラックの部分など一部の足りない色を
補うためにホイルシールが付属しています。
NEC_0204.jpg
頭部アップ。ブレードアンテナが額の横から生えているような
デザイン。額にもAのマークがあります。
特筆すべきはこの色分け。なんど目元のクマ、マスク、赤い隈取を
すべてパーツ割で色分け。従来のガンプラから更に一歩進化しています。
NEC_0205.jpg
胸の「A」の意匠が施されたコア部分。
なんとここもパーツわけにより
Aとコア部分が色分けされており、更に
胸ダクトも内側まで穴が開いているという豪華仕様!
NEC_0206.jpg
バック・パックはかなり大型で小型翼が付いたデザイン。
さすがにこれだけで大気圏内飛行が出来るとは思えないし
何かしらの意味があるんでしょうね。下の大きなバーニアは
ボールジョイントにより可動します。
NEC_0207.jpg
NEC_0208.jpg
NEC_0209.jpg
腕は180度可動にくわえ、手首のスイングもあるためよく曲がります。
肩は従来のボールジョイントを引き出し式ポリキャップにはめ込む方法から
軸同士の組み合わせにより上下左右にも対応できるように。
これなら肩を引き出したときにもポリキャップが露出せず外観が
損なわれず、ヘタレによるなで肩もありません。
NEC_0210.jpg
NEC_0211.jpg
脚部もすさまじい可動範囲。概ね発売済みの
「HG ダブルオーガンダム(1050円)」と同じで、
軸関節、アンクルアーマーの独立可動などこれまでの
シリーズで培ってきた技術が投入されています。
NEC_0226.jpg
股関節はポリパーツ接続により前後左右に可動します。
NEC_0213.jpg
付属品一覧。
左平手、ビームサーベル・ダガーパーツ、シールド、
ドッズライフルが付属します。
NEC_0214.jpg
左の平手はこれまでのダブルオー、一部のHGにもついていましたが
更に人間らしい表情のついた手になり、
造形にも気合が入っています。
HGUCの新手首パーツセット並みかそれ以上の出来。
NEC_0216.jpg
ビームサーベルは腰のラックに収納されているものを取り出して使用。
NEC_0217.jpg
クリアパーツが付属しているので最初からガシガシ遊べるのはうれしいです。
NEC_0218.jpg
もちろん二刀流も。
NEC_0219.jpg
ダガーに付け替えることも可能。
因みにこのクリアパーツはHG00の1stシーズンの
ガンダムタイプが使用しているものと同じなので
「HG ガンダムエクシア(1260円)」に付ければ
GNビームダガーを再現することも出来ます。
更にさかのぼれば「HG ガンダムアストレイレッドフレーム」に
付属するクリアパーツも共用なので、すべて付け替え可能です。
NEC_0220.jpg
ビームライフルはパーツの付け具合によって3つに分割可能。
一つ目はショートバレルのライフル。
Vガンダムのと似ているような。
NEC_0212.jpg
とにかく素体が優秀なので可動範囲は抜群です。
NEC_0221.jpg
とりあえず番宣に出てきたキービジュアルのポーズ。
どこからどう見ても種。
NEC_0222.jpg
ライフルで1枚。
NEC_0223.jpg
もういっちょ。
NEC_0224.jpg
ニュータイプ撃ち。
NEC_0225.jpg
抱えて。
NEC_0227.jpg
もう一枚。
NEC_0228.jpg
NEC_0229.jpg
NEC_0230.jpg
NEC_0231.jpg
サーベルで。
NEC_0232.jpg
ハイグレードとして標準的な大きさ。

ハイグレードの新シリーズとして新しいポリキャップの引継ぎに
加え、ヘタレ防止のために関節を見直すなど新機軸も盛り込まれており、
更に色分けに関しては現状最高峰といえるレベル。
ガンプラとして見ても大変コスパの高い商品ですし、
アニメキャラの可動フィギュアとしても安価で高い可動率を持っている
と思います。これから大量に展開されてはいきますが
おそらく劇中でも活躍するでしょうしお勧めです。
スポンサーサイト
作品HG | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
赤いAGE
AGEデバイス初回特典(入荷数にたいして特典付きは数が少ないとか)
のGB仕様の赤コア版のも欲しいですね。
作るにしてもAGか、HGかが悩みどころではありますが(まあタイタスとの組み換えはAGも可能でしょうしね笑)
レス
>カーティさん
初コメありがとうございます!
そうですね~GBシリーズ。当初は購入予定は無かったのですが、何かこう限定のおもちゃが付くとなるととたんに弱くなってしまいます。
AGは組み替え可能ですし、私は折角なのでAGで遊ぼうかと・・w

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。