スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
しまったな連休中にはアップしたかったんだけど・・・
DSC_2322 - コピー - コピー
今日の玩具はリアル・グレードより
「エールストライクガンダム」です。
DSC_2325.jpg
DSC_2327.jpg
見事なプロポーション。ちょっとほっそりしていてなおかつカッコよさを保ってます。
放送時のプロポーションもいいですけどこちらも。
NEC_0001.jpg
なんだか画質悪いですけど顔。
精悍な顔になってます。
DSC_2329.jpg
RGの驚く所一つ目がこの色分け。白プラですら三種類に分けられてます。
DSC_2330.jpg
旧HGと。
旧HGの塗装は見なかったことにしてください。それにしてもすごいすっきりしています
DSC_2331.jpg
腕はそんなに上がらないんですけど、肩の基部が跳ね上がる構造。
アーマーが薄くならず可動も確保される仕組みです。
DSC_2332.jpg
肩は後ろには下がらないものの、前にはぐりっと動きます。
逆シャアMSとか最近の新ポリキャップとも違う、MGガンダムVer2.0
のような動きなんで大きくせり出せますね。
DSC_2333.jpg
腕は170度程可動。さらに手首でも若干スイングします。
そして前腕にはアーマーがスライドする機構が。
DSC_2334.jpg
DSC_2335.jpg
首はうつむいたり、上を向かせることも余裕の
広範囲可動。
DSC_2336.jpg
DSC_2337.jpg
DSC_2338.jpg
DSC_2339.jpg
胴体にはスイング機構が前後左右に仕込まれているため、
捻りとかそういう動き方も出来ます。これは凄い。
DSC_2341.jpg
コクピットは二段階経て開きます。パイロットはいないけどこのサイズで再現
されていることが驚きですね。
DSC_2342.jpg
脚部は軸構造なので前後左右に90度ずつ。
DSC_2343.jpg
脚部は180度曲がります。
大腿部のフレームが連動して可動。
DSC_2344.jpg
足を伸ばすとこんな感じ。これでどこのフレームが動いているか
だいたい分かるかと。
DSC_2345.jpg
つま先には3つもの可動があり、SEED特有の「つま先までぴんと伸ばした」
構えが出来る構造になっています。
DSC_2346.jpg
「後はアーマーシュナイダー・・・これだけか!」
サイドアーマーのアーマーシュナイダー可動部は
なんとちゃんと開いて収納可能。驚きです。
DSC_2347.jpg
最も消費電力の少ないアーマーシュナイダー
ロボットにナイフかよ・・・って思いましたけど動いてる所を見ると
意外と平気。なんと折りたためます
DSC_2348.jpg
他の付属品一式
可動手とエールストライカー、グリップ付きサーベルと刀身、
シールド、ライフルなど数々の付属品があります。
DSC_2349.jpg
持たせてみたけどやっぱり小さい・・・しかし意外としっかり持てます。
DSC_2350.jpg
皆やってるポーズ。
アイキャッチのポーズですがエクストリームバーサスでも見れたはず。
DSC_2351.jpg
HGでも出来なくは無いけどRGと比べるとちょっと不自然
DSC_2352.jpg
ライフルとシールドだけ持たせた所。
インストなどでストライクガンダムと説明されるときの形態は
これだったりします。
DSC_2353.jpg
HGと。シールドが色分けされてるのが大きな違いですね。
DSC_2354.jpg
エールストライカー。ウイング部分に大きなアレンジが入っているほか、
サーベル接続部分が倒せる仕様になっています。
スカイグラスパーとの合体再現も出来ますね。
DSC_2355.jpg
合体してエールストライクガンダムに。
翼がすごく大きいです。そして少し抜けやすいです。
DSC_2356.jpg
エールストライカーを後ろから見た所。
バーニアは内部まで作りこんであり感動。
DSC_2358.jpg
種撃ち
これが綺麗に決まる1/144が出るとは・・・
DSC_2359.jpg
ビームサーベルの長さはほどよく、グリップも固定できるので
綺麗に保持できます。
DSC_2361.jpg
DSC_2362.jpg
DSC_2363.jpg
DSC_2364.jpg
動かしていて楽しい玩具ですこれは。
なんだか適当な物言いですがとにかく触れば分かる。
DSC_2365.jpg
肩フレームが可動出来るようになっていたのですが、
他ストライカーも出るのでしょうか?
DSC_2366.jpg
キラ・ヤマト1/144が付属。ちゃんとキラだと分かります。
これにもスイッチがついていました。
DSC_2367.jpg
大きさは旧HGより少し大きめ。
重量感があります。


初RGですが凄い!可動域、デザイン、どれをとっても
見事としか言いようが無い仕上がり。
PG並みの情報量はイヴォルヴのデザインにも似ていますね。
そして関節可動も凄まじく、
特に上半身の関節はPGにも匹敵するレベルになっています。
付属のストライカーや武装でポーズを決めても、素立ちでも
綺麗に決まる。プラモとは思えぬ完成度になっています。
ポロリなどもありませんし、傑作プラモの一つでおすすめです。
スポンサーサイト
ガンプラその他 | コメント(4) | トラックバック(0)
コメント
 1/144キットとは思えないくらいの高密度ですね。
 他ストライカー以外にもフレームの流用が利きそうなキットなので、ノワール辺りが出たら買おうかなと思ってます。
種撃ちとか、元ネタは勇者シリーズなんですけどね…
しかしHGも出来いいですな
ウィングの改変は個人的には微妙…

これが2k半とは
次はOO系から出るのかな?
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
ストライクレス
>ichiさん
PGの商品のモールド、ギミックをそのままに
サイズダウンしたような感触で非常に細かく
驚きがありますね・・・
確かGATフレームって触れ込みで広告が出ていたはずなので
今後のバリエーションをどの程度出すかにもよりますが、
折角なのでMGのようにフレーム流用でノワールも出て欲しいですw

>エアトスさん
初めまして。これは元々勇者の構えだったんですね。
タイトルバック等でこのポーズをよく取っていたので
SEEDを代表するポーズだと思っていました。

今後のRGは量産型ザクの発売が決定していましたね。
その後は何が来るかまだ公式発表は来ていませんが、
一年戦争のものだけでなく幅広いラインナップを期待したいです。

>匿名さん
こちらこ中々写真がうまくとれず
結果的にイマイチな記事になってしまいましたが・・・
それでもそう言っていただけると大変嬉しいです。
一つひとつは細かいですが、ランナーから切り離しただけで
跳ね飛ぶとかそういうようなハプニングが無かったのは幸いでした

ストライクに限らずSEEDのキットは再デザインされると細身になるのですが
このストライクも下半身が大分細くなっていますよね。
顔も精悍な顔つきになっていて結構印象が違いました。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。