スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

オートボットドリフト

2011/01/05 Wed 00:37

DSC_1610.jpg
そのキレイな顔をフッ飛ばしてやる!
DSC_1611.jpg
DSC_1612.jpg
ビークルモードはスポーツカー。これまでのヘケヘケシリーズの様に
○○のソックリさんと言う訳ではなく、オリジナルデザインのようですが
非常にシャープですね。個人的にバックから見たデザインがお気に入りです。
お値段59RM(約1800円)。全長は14.5cm程度。
DSC_1613.jpg
燦然と輝くの一文字。なんかもう素晴らしいっすね!
DSC_1614.jpg
裏側から。主武装はこのように収納して置く事が出来ます。
顔がこんにちは、なんて事もありません。
DSC_1615.jpg
ユニバースロディマスと比較。
全体的にボリュームアップしているだけでなく、
G1アニメの形状を再現した平坦なロディマスに
比べ大分立体感のあるビークルになっており、
実車の雰囲気が強くなっています。

DSC_1616.jpg
リデコのブラーと。エアロパーツやホイールなど各所に違いがあります。
DSC_1617.jpg
トランスフォーム。これまでの車系TFとは一線を画す斬新な変形手順です。
武器はつけたままでも出来ない事は無いですが結構難しいので
特に理由が無ければ外した方がよいかと。
DSC_1618.jpg
DSC_1619.jpg
DSC_1620.jpg
DSC_1621.jpg
ロボットモードで一周。
全体的に緻密なモールドが施されており非常にリアルに仕上がっています。
ビークルのフロントが2分割されて後ろにまわったり
ドアがホルスターを形成するなどこちらも従来のTFデザインとは
大きく異なる斬新な処理方法。
全長は15cm程度。
DSC_1622.jpg
背中には「天下無双」と彫られたメインウェポンの
大剣を装備可能。ビークルモードとロボットモード、
両方でジョイントが活きる設計は良いですね。
DSC_1623.jpg
ビークル時のドアはホルスター状になっており、
サブウェポンの小太刀(脇差?)を収納できます。
こちらは一部を変形させれば収納したまま変形可能。
こういう細かいギミックが大好きです。
DSC_1624.jpg
肩の可動範囲が広いのでこのように抜刀するポーズも可能。
DSC_1627.jpg
小太刀は直接鞘から抜き取ることは出来ませんが、
このようにある程度抜いておけば・・・
DSC_1625.jpg
抜刀ポーズを取れます。
DSC_1629.jpg
武装だけで。
メインの大太刀は13cmと中々の長さです。
小太刀は6.5cmとやや小ぶりですが、
刀幅が結構あるのでしっかりした見た目ですね。
DSC_1629-1.jpg
すゐむさんトコを見て始めて知った収納形態。
ドア部分の変形としてウインドーを
折りたたむ手順があるんですけどその折りたたんだウインドーと
ドアの間に大太刀がすっぽり収まり、脇に収納出来るんです。
DSC_1631.jpg
脚部は動かせるだけ動かしてこんな感じ。
股関節が前後左右に加えて腿ロールアリでよく動く!
膝は80度くらい曲がります。
DSC_1632.jpg
腕部分はいまいちカッチリ変形しないのでどのくらいまで
動かしていいのかわかりませんが、動かせるだけ動かすと
肘は180度可動で肩は前後左右。特に肩の付け根がボールジョイントで
干渉なしでグリグリ動くので大変遊びやすいです。
DSC_1633.jpg
更に手首も回転にくわえ内側に動かせるので、
ギャンのように構えたポーズも可能。ホント
この型は動きまくりで、フル可動と言う言葉がふさわしいです。
DSC_1634.jpg
肩に引き出し関節が無いにも関わらず
大太刀の両手持ちもなんなく可能。
DSC_1635.jpg
干将・莫耶・・・ではなく小太刀もしっかりと保持可能。
結構しっかりしているので逆手持ちとかも出来ます。
DSC_1636.jpg
同型であるブラーの武器を構える事も可能。
DSC_1638.jpg
逆もまた然り。
こういう換装ゴッコが出来て、しかも同じように
収納出来るのはとても楽しいです。
DSC_1639.jpg
同型とロボットモードで。
彩色や頭部が違うと大きく印象が変わりますね。
DSC_1640.jpg
ユニバースロディマスと。
やはり全体的に大きくなっていますね。
そしてなんというかこう・・・平坦だった
クラシックシリーズと違い凹凸の多い
立体的なデザインになっています。
DSC_1641.jpg
何か間違えたブシドーな人達。
DSC_1643.jpg
可動の際には肩基部を大きく動かす事により
広い可動を得る事が出来ますね~
DSC_1644.jpg
大上段の構えなど。
DSC_1646.jpg
今後のデラックスクラスはこれが標準サイズになっていくのでしょうか。

ジェネレーションシリーズの新作として、そしてアメコミが原作のキャラクターとして
発売前から話題になっていた本商品ですが、出来は非常に良好です。
変形がさせやすく、なおかつフル可動と言うにふさわしい可動範囲、
5ミリ穴によるプレイバリューの向上と海外・国内共に同時発売だった
サイバートロニアン・オプティマスプライムと並んで
新TFシリーズのフラッグシップ的アイテムだと思います。
海外版・国内版共に手に入れやすいお値段になっておりますし、
両方の違いは塗装だけなので
好きなほうを選べばよいかと。
スポンサーサイト
TF:ジェネレーションズ | コメント(4) | トラックバック(0)
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
フル稼働の割に腰が動かないと言う罠(おしいぜよ!)
中々の可動の割に両手持ちが微妙だったりするんですよね(振り上げるだけなら問題ないんですが)

ブラーと並べた場合、ブラーの方がドリフト銃仕様に見えますね。
顔の差別化に成功してる部分もドリフトから何かがシャキン!と出てる感じですし。
そのキレイな(ry
相変わらず早めのレビューですね。
ウチのドリフトのレビューが遅れてるのは塗装しているからだ。と言い訳してみたり。

閑話休題

ドリフトはホント出来いいですよね。
腰可動があれば完璧でしたけど・・・

ジェネレーションズを代表するクオリティだと思います。

それとチャットではお世話になりましたー。
レス
>匿名さん
デザインがこれまでのG1系とまったく違うので
カッコいいですね。

刀の収納はまったく考えませんでした。
留め具が無いのですが、そこに差すのは斬新ですね。

あ、ブラーさんはカッコイイけど頭がでっかいです。
公式絵でもこうなんでストフリみたいなものかと・・・w

>ヌエべさん
腰可動は、多分仕込めそうですけどやはり
子供向け玩具である事と変形玩具である事の両方が
大きく影響しているでしょうね。

あ、可動域はボールジョイントをハメるために
若干スキマが空いているですがそこを使用すると
凄い綺麗にキマってくれますよ。一度試してみてはいかがでしょう。

>ケタさん
待て、慌てるな。よく見るんだ。
ユナイテッドとはどこにも書いていない。
そう、これは今更すぎるジェネレーションズの記事なんだ・・・

何か皆々様腰可動を求めるんですけど俺的には
変形してくれてここまで動くとなるとこれだけ
あれば十分な気がするんですよね。
俺が変なだけかもしれませんが。

いえいえこちらこそ楽しい時間をありがとうございました。
また何かあったらやりましょー

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。