スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

ユニバース ロディマス

2010/12/31 Fri 21:07

今年最後の更新はこの人で決まりだ!と言う事で
DSC_1564.jpg
トランスフォーマーユニバース チャレンジ・アット・セイバートロンセットより、
「ロディマス」です。
2010年と言えばこの方でしたね~
DSC_1539.jpg
ビークルモードはホットロッドカー。
フューチャーカーの多い2010キャラと同じく、G1時代はオリジナルデザインでしたが、
クラシックラインにてリメイクされた際に「童夢-零」に似ているデザインになりました。
とはいえ童夢-零自体もかなりフューチャーカーのようなデザインなのでカッコよさは
相変わらずです。童夢-零は試作のみのスーパーカーで、
PS3ゲームソフト「グランツーリスモ5」にて登場しますがありゃ早い・・・
さて、このロディマス(と残りの2体)はG1に忠実なカラーリングになっており、
本来クリアパーツの窓も水色に、車体もまさしく「原色」と言うべき赤色に染まっています。
「G1を意識した配色」なら数多くありましたが、ここまで忠実に再現されているのは
珍しいんじゃないでしょうか?ただ、自分の買った個体は塗料が癒着しており、
フロントガラスに目立つ傷が・・・drz
DSC_1540.jpg
後ろから。武器を装着するので結構大きなスペースが空いています。
テールライトも非常に未来的なデザインですね。
DSC_1541.jpg
武器を装着して、ミサイルを装填するとこんな感じ。ミサイルも水色で塗装されいて
本当にアニメチックです。
DSC_1542.jpg
車体横から。
かなり薄い&シャコタン車ですね。流石族車(笑)
クラシック・ヘケ共にあったサイドのファイアーパターンは、これも削除されいます。
DSC_1543.jpg
ジェネレーションズ・ブラーと。
ジェネレーションズになって車体が大型化しているのと、
本来フューチャーカーのブラーが大分実車風になっているので並べると少し
違和感がありますね。
DSC_1544.jpg
アニメイテッドと並べると結構それらしい感じです。
DSC_1545.jpg
武器をつけたまま後ろ半分をぐるっと回して
DSC_1546.jpg
ビークルアタックモードに。確実に違法改z(ry
とりあえず凄いインパクトです。因みに正しい変形はウイングを回転させませんが
自分は俺変形でこっちの方が気に入っています。
DSC_1547.jpg
トランスフォーム
DSC_1548.jpg
ロディマス・ロボットモード
G1をアレンジした体形ですね~少々筋肉質かと。
クラシックラインはリメイクにあたって大幅なディティールアップを施しているのが
特徴的ですがこのセットは驚くべき事にそれらを全て無視してあくまでG1カラーを再現しています
ここまで来るともホントに凄いですね。
DSC_1549.jpg
後ろから。武器はマウントして置く事が出来ます。肉抜きが目立ちますね。
DSC_1550.jpg
全体的に薄いビークルを立てているので前後が薄いです。
DSC_1551.jpg
G1には無かったマユゲの追加がすっげー特徴的なイケメンフェイスです。
DSC_1552.jpg
武装であるフォトンレーザー。
オリジナルとは思いますが、ちゃんと銃火器があるのはいいですね。
DSC_1553.jpg
データコムコミュニケーター・・・と言う事になっています。一応(笑)
実際はザ・ムービーで使用したイカ娘撃退用のレーザーチェーンソーですね~
本来は手首が収納されて、そこに出現するタイプですがそれはそこまで気にならなかと。
MP版で補完されるようですし。
DSC_1554.jpg
このロディマス、全体的にビークルもロボも出来がいいですが、可動面においては
やや動かしづらい印象があります。肩はボールジョイントなので画像までしか上がらず。
実質横に上げるのは不可能です。
DSC_1555.jpg
肘も90度まで、更にビークルモードの側面をヒンジによってまげて腕にしているので
伸ばしきると平面になってしまいます。ロール軸もありません。
DSC_1556.jpg
下半身の可動は標準的なのですが、前後に動かす場合は基部ごと動くのが
特徴的ですね~
DSC_1557.jpg
膝は80度程可動し、腿下ロールが設けられています。
更に足首も大きく前後に可動するので接地性が高いです。
DSC_1558.jpg
変形の都合上ガニマタになりやすいのが欠点でしょうか。
DSC_1559.jpg
とはいえ、ハイキックも出来ますし、
DSC_1560.jpg
腰を溜めるポーズも楽々取れるので、決して動かしづらくはありません。
DSC_1561.jpg
因みに武器穴は3mm穴なので・・・
DSC_1562.jpg
このようにmobipスタンドを接続できます。多分figmaでも可能かなと。
DSC_1563.jpg
シャアキックも出来ますよ~
DSC_1565.jpg
翠の子との比較。しばらく入れてなかったんですがまた入れてみました。

基本的に良作のリペなのでビークル。ロボ共々非常に良く出来ています。
特に旧玩具の特徴であるウイングの回転をちゃんと取り入れている辺り良く出来ていますね。
可動に関しては動かしやすいんだけど、上半身、特に肩周りが致命的に低いので、
総合的にはやや動かしづらいです。絶賛は出来ないけど良作ではある感じ。
お値段は3体セットで129RM(3900円)なので大体一体1300円程度。
ただし、購入したのがマレーシアの店なので、国内価格はもう少し高いかもしれません。
スポンサーサイト
TF:限定 | コメント(4) | トラックバック(0)
コメント
お得3体セットのロディマスはアニメ調で新鮮なイメージですねー。
ウィンドーの水色が映えます、ここまで
徹底してアニメカラーにしたのも潔いです。

クラシックロディマスは今見ても傑作なので
ユナイテッドで出してもイイと思いますねー^^
レス
「G1らしさを残すカラーリング」ではなく、
確実にG1のセルアニメそのものを再現している
素晴らしい一品だと思います。

ホントこれが07映画の前に発売されたとは思えない出来ですね。
何度も再販されるのもうなずけます。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
レス
>匿名さん
ありがとうございますm(_ _)m
ここ最近の記事を見直したら一月の記事数が4とかの
月がずっと続いていたので・・・これはまずいと。

肩部分の白化報告が多々あるので慎重に弄りたいです(笑)

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。