スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

バンブルビー

2010/09/19 Sun 13:12

先日E.p.ぱっどさんの情報ブログ、デストロン食器洗い参謀だっぺりーの様が
365日毎日連続更新を達成されました!毎日更新を続けられるって本当に凄いですね!
さて、今日はケタさんのバンブル祭りに参加しますよ。

トランスフォームする日々
トランスフォーマーアニメイテッドより、
「バンブルビー」です。
オートボット側の最年少、訓練中の事故により、修理員に着いていますが本来はエリート養成コースに
属していました。まだまだ経験の浅い戦士ゆえトラブルも多いですが、闘いの中で確実に成長しています。

玩具オリジナルリカラー商品に「エリートガードバンブルビー」があります。
別の商品としてはEZコレクションのバンブルビー、スーパーコレクションに収録される
アクティベーター。更に9月発売の「ジェットパックバンブルビー」などがあります。
この商品はデラックスクラスで、アメリカ、日本共にwave1で発売された最初期のアイテムですが、
その完成度は全商品の中でもハイレベルな仕上がりになっています。
トランスフォームする日々トランスフォームする日々パトカーに変形。ファンゾーン警部の乗っていたミニパトがスキャン元です。
日本版オリジナルの金塗装は賛否両論でしたが、俺はとても綺麗だと思うので大正解だと思いますよ。
ルーフにはパトランプがついていますが劇中では必要に応じて取り出していました。
「緊急車両のサイレンは最優先」を利用して抜け道を使ったりとか。

トランスフォームする日々
サムダック博士の開発したターボブースターを装備可能、劇中とは少し色合いが異なります。
これを装着するとスピードが俄然アップし、なんとジェット機であるブリッツウイングと互角の走行が出来ました。
ですが、初装着時にはその高すぎるスペックを制御しきれず、仲間を巻き込む事もありました。
トランスフォームする日々
オプティマスとビークルで。
遠近法で大分サイズが合うように見えますが、ちょっとバンブルビーが大きめですね。

トランスフォーム!
トランスフォームする日々
イグニッション!フォトンビーム・・・は展開しない。

トランスフォームする日々
フロントを後ろに持ってくるのが主な流れ。半回転させたりまさしく「捻った」変形が特徴的です。

トランスフォームする日々
ここで一つ注意点。エリートガードは問題ないようですが、この商品をロボット→ビークル
に戻すときに塗膜の影響で可変式のリアバンパーひっかかる事があり、テコでも動かない状態になります。
そのような時には赤丸で示したレバーを押さえながら
(右の曲がっている部分使ってをてこの原理で押さえつけるカンジ)
変形させるとうまくいきます。
また、変形を繰り返しているウチに塗膜が剥げて、より変形させやすくなりますが、
初回変形時には注意が必要です。
アルフェスさんのひげひげな、おもちゃの日常様で詳しく紹介されていますのでそちらもあわせてどうぞ。

トランスフォームする日々
もう一つ注意点。上の変形だ殆どの個体にあるのに対してこちらは個体差かもしれませんが、
このフロントガラスの変形のボールジョイントが個体差なのか俺のは大変外れやすいので注意が必要です。
ギミックを利用して浮かせてから回転させるのですが、その回転の工程で外れやすいです。
すぐに取り付けられるので問題はありませんが、補強するのも一手でしょう。

トランスフォームする日々トランスフォームする日々
ロボットモード。劇中の丸っこいフォルムをよく再現できています。
エナジースティンガーの収納部分も海外初期出荷分では収納しきれていませんでしたが、
これはそれの修正版である海外エリートガード分ないし修正金型を使用しているようでそのような
問題点はみうけられません。
胸部分のルーフはダミーになっており、また、変形の都合でストライプが設定と逆になっています。
アクティベーター版やジェットパック版ではこの問題点が改良されています。


トランスフォームする日々胸部。目がクリア素材のためやや違和感がありますね。その他モールドは細かいのでスミ入れを
すると更によくなりそうです。

トランスフォームする日々
武器の展開ギミック。まず手首を収納し、エナジースティンガーを展開します。
トランスフォームする日々
劇中では射撃武器としての活躍を見せていましたね。手首を収納してから展開するのが
実にロボットらしいというか。ザ・ムービーのロディマスの丸ノコのようです。

トランスフォームする日々
両方に収納されており、二丁拳銃のようにして遊べます。

トランスフォームする日々
更にスティンガーを合体させ構える事も可能。

トランスフォームする日々
ターボブースターはロボットモードでも取り付け可能。ビークルの時と同じ穴なんですよ。
ビークル時にもロボット時にも説得力のある場所に配置できてなおかつ場所が同じというのは、
パーツ移動がよく考えられているナァと。つけたまま変形できるのもなおよしです^^

トランスフォームする日々
空を駆け抜けろ!的な。
劇中ではブースタージャンプというか、飛行ではなく一時的なブースターとして機能し、アイアンハイドの
レッキングボール、プロールのブースターで上昇させてもらい、そこから飛び上がっていました。
首が上を向くのでこういうポーズが簡単に出来ます。

トランスフォームする日々
「不死身のメガトロン」で見せた仰向け走行ですが・・・無理でした><
背中のパーツ移動をしてもひっかかるカンジです。因みにアクティベーターだと可能ですよ。

トランスフォームする日々
可動の話。まず肩はボールジョイントなので前後にはぐるんぐるん動きますが
開く方向にはデザインの制約上50度ちょっとまでしかあがりません
肘は90度まで曲がりますがこちらもパーツ干渉などに気をつけたほうがいいですね~
ポーズをつけるのに不自由はしませんが思い通りのポージングをするには慣れが必要です。
首は回転可能で上もしっかり向けますが、アゴが干渉するので引くことは出来ません。

トランスフォームする日々
反対に下半身はストレスフリーに動きます。膝が100度ちょっと、脛ロール、股関節はボールジョイント
接続なので、大概のポーズで立たせる事が出来ますね~
なにより足首が非常に大きいのでハイキックなんかも余裕で出来ます。

トランスフォームする日々
ごく一般的なデラックスサイズです。

wave1の商品ながら完成度は大変高いです。「wave1でこれまでに類を見ない
デザインの商品だったからこそ第一弾から完成度の高い物を投入してきたのかもしれません」
とも聞きました。確かにそうだなあと。可動にはややクセがありますが、そのデザインの再現度、
面白い変形方法など魅力はたくさんあります。
オプティマスチームは再出荷も行われていますし、エリートガードバージョンも発売されているので
その変形方法、プレイバリュー共に手にとってみてはいかがでしょう。

おまけ
本来ならワスプもリカラーで発売が予定されていましたが、なんだかんだで結局
発売されていません。そちらの方も発売されればセンチネル教官の訓練生が集結するのですけどネ・・・
スポンサーサイト
TF:アニメイテッド | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。