スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

AG ジェノアスカスタム

2011/11/15 Tue 20:03

Q.最近ガンダムの記事ばかりじゃない?
A.AGがありますから。
Q.単品で書く意味は?
A.・・・(目そらし)
さ、三品目になります。
DSC_2689.jpg
「ジェノアスカスタム」です。
Q.しかも記事内容がどんどん減ってるような
A.ほんっとごめんなさい!
ランナー写真も掲載。考えたらガフランだけ掲載してないような。
NEC_0215_20111116172629.jpg
A1、A2ランナーは手足やコアフレーム。
従来の廉価キットと同じように2パーツ分割のシンプルな
スタイルです。
NEC_0216_20111116172624.jpg
Bランナーは通常ジェノアスでは朱色で成形されていたもの。
ランナースイッチによる切り替えで追加されたり削除されたパーツがあります。
それと、クリアパーツが。簡易キットとはいえ嬉しい配慮です。

では組んでみましょう。


DSC_2690.jpg
驚くほど真っ白。
や、手抜きとかじゃなく、ノーマルジェノアスの時点で
しっかり色分けはなされているんですが
本来朱色のところも白で成形されているため、
本当に真っ白になっているんです。
なので後ほど説明するパーツを塗装すれば
ぐっと見違えるはず。
キット本体はいくつかのパーツに形状変更が行われています。

DSC_2691.jpg
ジェノアスカスタムジェノアスの改良型。バックパック、センサー、武装、
一部スラスターなどに改良変更が見られます。
劇中で搭乗しているのは今の所ウルフ・エニアクルのみ。
ドッズライフルの射撃も可能だったり地味に優秀。
キット自体は登場に大分先駆けて発売されました。
後ろ側のバックパックが、ジェノアスが個性的な形だったのに
大して、従来の宇宙世紀などでよく見られるタイプのものになっているのが
目を引くと思います。
DSC_2692_01.jpg
クリアパーツは緑色で成形、内部のメカ表現もノーマルタイプとは
異なる独自のものになっています。
DSC_2693.jpg
武装はビームスプレーガンⅢB
普通のものが大型化して、更に銃剣までついています。
DSC_2694.jpg
この写真を見ていただければ、何がどう違うのかがわかりやすいかと。
のっぺりした頭部や扁平な肩部がシャープに
なるだけで印象は大分変わります。
DSC_2695.jpg
色分けなんですが、ガンダムAGE-1
では、ボディ中央の、この左のコアフレームパーツ(仮称)
相当する部位がグレー成形になっているんですね。
ジェノアスではノーマル、カスタム共にここが白成形になってるので
ちょっと物足りないのだと思います。
逆に言えば、ここを塗装すればモモ付け根、腹部に色が入るので
見栄えは格段によくなるはず。
他にもガンダムだけは腕フレーム等に独特の形状が見られたんですが、
腕関節色=ボディカラーのジェノアス、ガフラン、ゼダスにはこのような
加工は見られません。
GエグゼスのAGはまた腕フレームを導入しているようなので、
機体によってパーツ分割は変えているようですね。
こういう地味な工夫は面白いです。

お値段、作り安さは既に述べたので割愛するとして、
一般型ジェノアスと比べて複数の形状変更や新パーツ追加が
ありながらお値段据え置きなのは嬉しい所。
ゲイジングビルダーシリーズ(1/100)ではジェノアスカスタムは
出ていないようなので、ゲイジングバトル用としては
丁度良いかもしれません。

多分次回でAG特集は最終回!
Q.でもゼダスは?
A.買ったら延長戦・・・



スポンサーサイト
作品1/144 | コメント(4) | トラックバック(0)
コメント
シールドマーク
HGジェノアス・カスタムでは、腕のシールド用の赤いマークのシールが二枚付いているが、一枚だけしか使わない。
さあ余った一枚はどうしょう…。
後は解りますよね(笑)
Re: シールドマーク
>カーティさん
あぁ、失敗した時の予備と、
別な場所にも貼るための二枚目ですね!
もう居ない(泣
AGスパローと共にウルフ用の後継機がもう登場&AG発売(笑)

短期間の内にレビューされただけでも奇跡…
コメレス
>カーティさん
ダン機とか見ててうっすら予感はしたんですがすごい速さでしたね…
キットは面白くカッコいいので長く遊んでやりたいです。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。