スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

AG ガンダムAGE-1ノーマル

2011/10/11 Tue 20:13

2回連続AGEネタ。
だから文字とか多めにしたいですね。
NEC_0235.jpg
今日の玩具は放映中機動戦士ガンダムAGEより
「AG ガンダムAGE-1」です。
しばらくAGだけを紹介するかも?
ガンダムAGEは進化するモビルスーツ。
AGEの世界ではUE(敵)にジェノアス(量産型MS)がひたすらに負け続けている
設定でガンダムのみがUEに対抗出来るとされています。
1話はまだ未見なのでソースは玩具雑誌と色々話題になっているサンデー漫画版のみ。

~商品解説~
AGは「アドバンスド・グレード」の略。名前は変わっているけど
00、1stのファースト・グレードシリーズやSEEDコレクションシリーズの流れを受け継ぐ
所謂「HGではない廉価な1/144スケールキット」の事。
元々1/144は低価格で500円前後で購入可能でしたが、
1/144スケールにおける高価格で色分け、可動等に気を使ったシリーズ
(後のハイグレード)出現により「色分けやポリ可動等を使って1000円~2000円で
購入できるシリーズ」と「従来通り500円でパーツ割が単純なもの」と分かれていきました。
初代ガンダムがラインナップされたFGシリーズを除けば
はっきりと1/144HGと廉価1/144の住み分けが始まったのは
ガンダムSEEDのSEEDコレクション(以下、種コレ)
の「ガンダムアストレイ」が初出で以後は主役機や雑魚機等の種コレが発売されました。
当初は「300円で買えるキット(初代ガンダムの初代キットと同じ値段)」
として人気を博し、HGでは商品化されなかったストライクのオプション装備を発売する等して
相互補完を行い、結果売り上げは10万個を超える大ヒット商品に。
ですが次第に価格が上がっていき、当初の値段からは段々離れていきました。
更に次作品のSEEDデスティニーでは当初脇役機やオプション装備発売も盛んでしたが
物語進行に伴いラインナップそのものが狭められ
終盤は一部のガンダムタイプのみが商品化という結果に。
次のガンダム00ではある程度高価格ではあるものの、新開発のポリパーツを
使用し「肘、膝、足首等の可動」を仕込んだFGシリーズが発売。
HGなどの組み立て難易度を下げたグレードとなり小学生を狙いましたが
売り上げは伸びず、ラインナップは1期に登場したガンダムタイプ4機のみで終了。
・・・
と地味に散々な結果になって来た廉価版シリーズですが、今回はかなり
コンセプトが違う様子。シールは一切付属しておりません。
NEC_0218_20111011200605.jpg
まずはランナー袋から。他商品(ジェノアス、ガフラン)と違い
袋は2つ入っています。ランナー数も他が3枚なのに対して倍の6枚。
更にゲイジングチップとゲイジングバトルで使用するカードが付属します。
お値段はシリーズ共通の630円。ゲイジングチップの分割高なのかな?
前述したコレクションシリーズの倍の値段ですがそれに見合う価値は十分に。
NEC_0219_20111011200605.jpg
D、Bランナー。なんか既に色分け感が凄い。
NEC_0220_20111011200605.jpg
A,C,E,Fランナー。フレームパーツや目の部分等です。
因みにタッチゲートのスナップフィットなので工具いらず。5分で仕上がります。
NEC_0227_20111011192540.jpg
前後から。キットには一切色塗り等の手を加えていません。それで居て
この完成度なんだから凄い。
脚部関節等は流石に一部色分けが足りませんが、今までの
廉価版キットからは考えられないレベルで色分けがなされています。
NEC_0229_20111011192540.jpg
なんとここも胸部分にモールドが入り更に複雑な形状の胸部色分けを
完全再現。細かいマスキングいらずになっています。
NEC_0230_20111011192540.jpg
今回の色分けは旧来種コレやFGが
「HGに出来るだけ近づける」「可動を仕込むために2パーツサンドを多くする」という
手法をとってきたのに対して
「超簡易フレームに外装を独特の方法で付けることにより対処」としています。
個人的思考ですが廉価版キットとしては変にHGキットに近づけたり可動を確保するのではなく
むしろ可動はHGに任せて、独自の路線を歩いた方がいい。と俺は思っています。
なので今回の手法は大賛成。
このフレームにより関節や手甲といった従来ならまず無理な色分けがあっさりと。
NEC_0231_20111011192540.jpg
胴体も斬新な構成。
「フレームとなるボディ」「フンドシ~ダクト~エリの黄色」「フンドシ中央と腹部の赤」
「外装となる青」「小さい白」という非常によく考えられたわけ方。
無論可動は一切しませんがその分制約が無く自由な発想で分けられた・・のかな。
NEC_0236.jpg
玩具雑誌情報等でも紹介された凝ったパーツ訳がこの頭部。
一切のシールを使わずにこの完成度です。目の周りの黒く見える部分は
目~クマを一体成形してクマ部分だけ落ち窪むようにし、影で黒く見せるという
ヒネった状態。分かりづらいかもしれませんがとりあえず購入していただければ。
NEC_0232_20111011192539.jpg
武装類も充実。なんとシールドはパーツ時点で青と白に色分けされている気合の入りよう。
流石にビームダガーは赤成形のため少しばかり印象が異なりますがそれにしても
ちゃんと1式付属しているのは凄い。
というかストライクやエクシアが変則的な武装だったからかな。
NEC_0233_20111011195355.jpg
武装はシールドを腕の穴、ビームダガーは手に差し込んで持たせる方式。
シールドは取り付けないと大きな突起があるので見栄えは悪いかも。
NEC_0235_20111011195355.jpg
ポージングとかそういうのは一切なく、肩回転、頭部ボールジョイントのみと
完全に可動を捨てている印象。
NEC_0237.jpg
足もこの通り差込式です。
NEC_0238.jpg
噂(?)のゲイジングチップはバックパックに。これを仕込むために
バックパックは少々設定より大きく取られています。
シリーズ共通のブラックボックスに入っているから挿げ替えも可能。
NEC_0239.jpg
そして、四肢ジョイントはコストダウンのためか共通規格化されているため
このようなゲイジングビルドも可能。
君だけのガンダムを作り出せ!・・・ってこれジェノアスと
両手を入れ替えたり普通に面白いです。
NEC_0241.jpg
当然武装も挿げ替え可能。こういう挿げ替え遊びが
簡単に出来るのは凄く嬉しいしAGを買ってよかった!と思った大きな所です。
二丁ビームスプレーとかビームダガー装備のジェノアスとか凄く
楽しい。劇中でもジェノアスのビームガンで攻撃しているシーンがあったような。
NEC_0242.jpg
迫り来るガフランを迎え撃て!
NEC_0243.jpg
大きさは1/144規格なのでHGと同じ。

余り評価の良い感じではないAGですが個人的にはかなりツボに入りました。
可動を捨ててあるため余分なパーツが無く、塗装の際にもマスキングが殆ど必要にならない
嬉しさ。
シールが付属せず劣化等が無く、好きなときに気軽に加工できる、
初心者にも優しいキット。反面、可動を仕込もうとすると少しばかり
手を加える必要があるのでそういう点では少し不便かもしれませんが、
改造モデリングをする人は限られてくるので万人にとてもオススメできる
キットです。
スポンサーサイト
作品1/144 | コメント(5) | トラックバック(0)
コメント
 よく出てた廉価版シリーズかと思ったら、面白い構造になってたんですね。巧いことHGと棲み分けてもらいたいものです。
こうゆう付け変えする辺りに最近のダンボール戦機を感じます。
と言うかガンダム版LBXですね。
ダボ戦の作りが生かされてる感じがして、色分けうま過ぎる。
AGE-1レス
>ichiさん
これまでに無いコンセプト
なので凄く期待が持てます。
HGに近づけるアプローチも
イイですが、こうやってゲームと
対応したりして、低年齢層向け
アピールを変えつつ
続いて欲しいですね~

>ヌエベさん
説明書には特に記載の無い遊び方
なので多分製造工程の都合上
共通規格化されているだけだと思いますよ。
今後に期待しています。
こんばんは~
いつもヤフブロ中心にコメ周りしているので、もしかしたらこちらでははじめましてかも。

AG、可動はSEEDコレクションシリーズに輪をかけて少ないみたいですが、素組みでもかなり見栄えが良いみたいですね、腕の構造等はVガンダム1/144のVフレームを思い出します。

ゲームに反映されないとはいえこちらでも組み替えが出来るのは今回の記事で初めて知りました、勉強になります。
AGも複数購入された様ですし、ネットであまりプレイ情報が出回らないAGでのゲイジングバトル報告に密かに期待したいところです!(笑)
Re: こんばんは~
>あぶら超人さん
こんばんは!アンドこちらではお久しぶりです。
今回は小細工ナシで勝負・・なんでしょうかAG.
フレーム構造を共通規格化して多種多様なMSを出して・・とかがあると嬉しいですが。

あ、ありがとうございます! ゲイジングバトル・・見かけたら是非とも
プレイしてみますw

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。